R8C、RL78、RXマイコンの開発環境

ルネサス系マイコン、R8C、RL78、RXマイコンの開発環境構築、最新のフレームワークは、GitHubを参照してもらいたい。

R8Cマイコン
RL78マイコン
RXマイコン

トップページに gcc の構築方法など詳しく書いてある。

RX マイコン:
・最近は RXv3 コアに対応させる為、ルネサスの GNU-RX 8.3.0 を利用するようになっている。
GNU-Tools でユーザー登録すれば、ダウンロード出来る。

各マイコン共通:
・フレームワークやサンプルプログラムは常に最新の状態で、動作確認を行っているつもりではあるが、ミスもある、手順通りなのにコンパイル出来ない場合は、質問をして下さい。

上記リンクのソフトウェアーは、基本的にMITライセンスを採用している。
但し、内部で利用しているいくつかは、MITライセンスでは無い為、その場合注意を要する。

MITライセンスの厳密な法的解釈では無いが、要約すると、以下のようになる。

  1. このソフトウェアを誰でも無償で無制限に扱って良い。ただし、著作権表示および本許諾表示をソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載しなければならない。
  2. 作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負わない。

フレームワークの問題を発見したり、改修案は、GitHub で直接行っている。
もし、改修要件があったら、プルリクを送る前に、「Issues」などに改修要件を書き込んでもらいたい。
そうしないと、タイミングにより、マージが困難な場合などがある。
プルリクは、「develop」ブランチにお願いする。

Just another WordPress site