R8CでLCDテスト

I2Cの前にSPI接続を試しておく予定だったのですが、前後してしまった。

で、早速、SPI接続の簡単なテストから始めてみました~

とりあえず、書き込みだけで、動作を確認できそうなので、LCDで実験してみます。
基板付きFSTN液晶モジュール(SPI) [M-G0812P7567]
このLCDモジュールは、128×32ピクセルで、LEDバックライト内臓のタイプです。

IMG_0750
※3.3Vで動作させる為、バックライトLED用の電源は、HT7750Aで昇圧しています。
※先日作ったシリアルモジュールを繋なげるようにして、フラッシュ書き込みのモードスイッチ、
リセットスイッチも設けました。

ビットマップグラフィックスでは、描画の利便性から、どうしても、解像度と同じメモリーが必要
です、R8C/M120AN の場合、RAM が1280バイトしか無いので、128×32だと512バイトの
RAMを消費します、この容量が、限界ギリギリのとこでしょうか・・・
LCDにデータを送ったら、このRAMは他の用途に使えるので、シェアリングする事も出来ると
思いますが、その場合を考えて、システムを設計しておかなければなりません・・

LCDの制御コードは、U8glib を参考にしましたが、ST7567の制御コードは無かったので、
多分近そうなST7565の初期化パターンを参考にしました。
※ST7567のデータシートはネットを探すとあるのですが、いくつかの流動的パラメーター
があり、とりあえず、どのようにするのか目安が必要です。
※Aitendoさんの商品は、安くて、魅力的なのが多いのですが、参考資料が少ないのが難点です。

カットアンドトライで、コードを変えながら、1時間くらいかかって、ようやく画面がまともに
出るとこまで来ました。
※まだ多少不安定な事があり、原因を究明中・・・

SPIでは、SCL、SDA_OUT、SDA_INPの3本が、ベースで、デバイスセレクトや、
アドレスセレクトは、別に考える必要があります、複数のSPIデバイスを繋ぐ場合、ベースの
制御信号は、シェアする為です。

spi_io クラスは、非常にシンプルで、基本、write、read のみです。(まだ write のみの実装)
※R8C/M120AN には、UARTの同期モードがあり、これを使うと良さそうですが、そうすると、
UARTが使えなくなってしまう為、ソフト制御としました。

lcd_io(ST7567の制御)では、LCD制御を含めて、SPIを制御します。

今回のLCDでは4本の制御線が必要です。
SPI(共通部分):
・SDA シリアルデータ
・SCL シリアルクロック

LCD(固有部分):
・A0  アドレスセレクト(コマンドレジスタとデータレジスタの切り替え)
・/CS チップセレクト
※RES信号は、R8Cのリセットに接続しています。

SPI制御ポートの定義

struct spi_base {
    void init() const {
        device::PD4.B2 = 1;
        device::PD4.B5 = 1;
    }
    void scl_out(bool b) const { device::P4.B2 = b; }
    void sda_out(bool b) const { device::P4.B5 = b; }
};

LCD制御ポート(A0、/CS)の定義

struct spi_ctrl {
    void init() const {
        device::PD3.B3 = 1;
        device::PD3.B7 = 1;
    }
    void a0_out(bool b) const { device::P3.B3 = b; }
    void cs_out(bool b) const { device::P3.B7 = b; }
};

IMG_0749s

GitHub R8C

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 パーマリンク

R8CでLCDテスト への1件のフィードバック

  1. ピンバック: R8CでSDカード | RVF/RC45 blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください