バイク用汎用メーター SS182 (中華製)その1

先日、アマゾンをブラブラしてたら、そこそこ安いバイク用汎用メーターを見つけた~

WR250Xは、タコメーターが無いので、回転を上げるのに気を使うから、前から
タコメーターが欲しかったが、中々良い物が無い・・
※当然ながら、高くて良いものはあるにはあるが・・・
このメーターは6000円くらいで、スピード、水温、ガソリンゲージ、各種インジ
ケーターなど機能も豊富で、そして、意外と薄くてコンパクト(ここ大事)~
少し悩んだが、駄目元で、買ってみた。

先日届いて、早速開封したが、解説書の類が全く入って無いではないか・・・
IMG_0759s
流石中華クオリティーだけの事はある~、関心している場合では無い、まぁ、この程
度は、端から予想していた範疇なので、慌てる事なく、ネットの海へ・・・
でも、中々、目的の情報にたどり着かない・・・

ふと、裏に型番が刻印してある「SS182」うーーん、一応これで検索・・・
おお!一発で、それらしい情報がーーー、流石 google 先生!、凄いです!


 1: Pink          Gear 1 (GND)
 2: Blue/Red      Gear 2 (GND)
 3: Green/Black   Gear 3 (GND)
 4: Yellow/Red    Gear 4 (GND)
 5: Brown/White   Gear 5 (GND)
 6: Yellow        5V (Speed sensor) ※速度センサーに供給する+5V電源出力
 7: Brown/Red     EFI (GND)
 8: Green/Blue    Water temprature (Resisitance) 抵抗入力
 9: Yellow/White  Fuel level (Resisitance) 抵抗入力
10: Green/Red     Neutral gear (GND) ニュートラルランプ
11: Red/White     Gear 6 (GND)
12: Orange        Left blinker (+12V) ウインカー左
13: Blue          Upper beam (+12V) ハイ・ビーム
14: Brown         Back light (+12V) ※中継コネクターに接続されていない、常に点灯
15: Green         GND
16: Lightblue     Right blinker (+12V) ウインカー右
17: Black/Yellow  Rev (signal) エンジン回転計用パルス信号入力
18: Red           Speed (signal) 速度センサーパルス入力
19: Purple        Stand-by power source (+12V) スタンバイ電源(常時接続)
20: Black         Main power source (+12V) 電源(イグニッション)

※一応、「解説書を送って!」と販売元に連絡しておいたら、PDFで1枚の説明が
送られて来たので、ここに貼っておく。
SS182_Manual

で、何とか、結線のイメージは沸いたのだが、とりあえず、どんなもんかテストして
みた。

(1)まず、電源を入れてみる。
・19、20を+12Vに
※19番は、内部時計などを活性させておくのに常時バッテリーに接続しておくんだ
ろうと思うけど、どのくらい電気食うか、少し不安材料だよなー、なにしろ中華クオ
リティーなので・・
・15をGNDに
※電源投入時オープニング
※お約束、ステッピングモーター式、最近の感じ~
※この感じなら、6000円なら「買い!」なのではないかと~

(2)基本機能
・アナログメーターによるエンジン回転表示
※10000rpmからレッドゾーン(固定)で右上の赤いランプが点灯
※最大15000rpm
※最高回転を自動で記録するようだ
※1、2、4気筒を設定できる
・デジタル速度表示
※最高速度を記録するようだ
※キロメーター、マイルの表示切替
※タイヤが1回転した時の長さと、1回転辺りのパルス数を設定できる
・オドメーター、トリップメーター
・リアルタイムクロック(バックアップ電源を常時接続する必要がある)
・抵抗式による燃料計表示(液晶表示による)
・燃料警告ランプ
・抵抗式による水温警告ランプ
・ニュートラルランプ
・左右ウインカーランプ
・ハイビームランプ
・液晶表示によるギアポジション(1~6)
・EFI警告ランプ(メーター中央下側)
・バッテリー警告ランプ(メーター中央下側右寄り)
※バッテリーの電圧がある程度下がると点灯するものと思われる

(3)各種ランプと、対応を調査
・Gear 1,2,3,4,5,6 はギアポジションを表示するもので、それぞれの端子をGNDに繋
ぐ事で液晶画面に表示する。
※この機能必要かなぁ・・、最近のインジェクション車とかでは、ギアポジションを
観て、エンジンの特性を変えるとかしてるのもあるのだが、大抵は、ポジションによ
り抵抗が変化する仕組みと思うので、このままでは、上手く適合しないと思うけど・
・EFI は、エンジンや、EFIのトラブルなどで表示するランプ、これも GND 接続
・Left/Right blinker は、ウインカー用で、+12V で点灯する
・Neutral gear は、ギアポジションをニュートラルに入れた時に点灯する +12V
・Upper beam は、ハイビーム時に点灯 +12V
・14: Back Light は接続されてなくて、多分常時点灯なのだと思う

—–
付属品として、磁力に反応するごついセンサーが同梱されていたが、これは、使えな
いなぁー、自分で作る予定。

今回はここまで、続きは、次回~

カテゴリー: Motorcycle/Race, 電子工作な日々 パーマリンク

バイク用汎用メーター SS182 (中華製)その1 への2件のフィードバック

  1. ぞろめ のコメント:

    検索でたどり着きました。私もこれのホワイトモデルを購入してなんとか取り付けましたが、設定画面への入り方がよくわかりません(泣)2つ同時長押しで時計とキロ、マイル切り替えまではできるのですがタイヤ設定やシリンダー設定がどうしてもできません。もしhira様が設定出来たのであれば手順をご教授願いたいのですが、、、、。ブログの更新も心待ちにしてます。

  2. hira のコメント:

    始めまして~
    ホワイトモデルがあるのですね・・

    ・A、B同時押し、数秒保持で、設定の数字が点滅します。
    ・Aボタンで、値を変更
    ・Bボタンで、「設定対象」の変更
    ※何も操作を行わないと5秒くらいで、設定画面を抜けてしまうので、多少コツ
    が必要と思います。(その場合、設定は反映されません、これは、誤操作防止の
    為と思います)

    設定の順番は:
    ・タイヤ外周の長さ(単位は「mm」のようです)
    ・キロ、マイル切り替え
    ・気筒数(1、2、4)
    ・回転辺りのパルス数
    ・P/N切り替え(何の設定か不明・・、とりあえず、Pにしている)
    ※ボタンが2つしかない為、後戻りや、やり直しが出来ない為、間違えたら、
    最初からやりなおし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です