中古住宅リホーム(物置)その4

残ってた「根」をほぼ抜き取った
抜きとった状態
さらに、周辺に残ってた「根」などを除去
これで、ほぼ完了だが、折角なのでもう少し広げる為に作業を続行

以前の物置をゴミ処理場(まるたの森クリーンセンター)に運んだら、これは、鉄屑なので、ここでは受け取れないとの事、それで、「綿半Jマート都留店」そばの金属回収業者「田村リサイクル」を紹介してもらった、丁度お昼どきで責任者が食事に出かけていないとの事、このくらいの鉄屑だと数百円になると言われたが、そのまま置いてきた。

次の日、残っていた「根」を取り除く為作業をした。
根の周辺をある程度掘って、鉄棒を差込み、色々な方向から「こじった」ら、あれだけ頑丈でビクともしなかった根が、部分的に折れて、何とか抜き取る事が出来た、多分、深い所にまだ残っているようだが、それは放置する事にした。

根のあった所に土を埋め戻して、固めているが、沈下しないように強く固めておかないと後々問題が起こると思うので、少し慎重に作業している。

木製の大きなハンマーとかあると良いのだが、以前にホームセンターで見た時は、それなりの値段だったので、花壇を囲っていたレンガを使って、地ならしをしている。

これだけ苦労して抜いたが、30センチくらいしか広がっていない感じで、それだと不十分なので、もう少し邪魔な植木を抜いて、広げたい。

中古住宅リホーム(物置)その3

切り株の除去に難儀してる。
とにかく「硬い」!

最初、5~6センチだけ削ろうと思ったが、ここまできたら、とことん除こうと思った、どんなふうに「根」が伸びているのかも気になった。(何でこんなに強力なんだとは思ったが、考えてみれば、この切り株の木が上に数メートルあるのなら、かなり頑丈に根を生やしていないと簡単に倒れてしまう。)

2時間だけ作業・・、手が痛い・・
天気が悪く、2日おいて作業、腕が限界でここまで・・
壊した木屑w

ある程度壊してしまうと、土台が緩くなって、木が硬い事もあり、ノミが入っていかない、横から叩いたり、方向を色々工夫すると、入って行きやすい角度があり何とかなる感じ・・

土を掘っていたら何故か、鉄の棒が出てきたので、それを使ってテコで根を掘り出したり、折っている。
木の生命力は凄い!、複雑に入り組んで、強靭な根を伸ばしてる。

何故か地中に埋まっていた「鉄棒」
残すは右側の切り株(この状態ではビクともしない・・)
左側から掘り出した「根」

あと、もう少しだ・・・
今回はここまでー

中古住宅リホーム(物置)その2

最初、切り株はそのままにして、ギリギリまで寄せるつもりだったが、最近天気が良い日が続いていて、時間もある事から、切り株を取り除こうと思い作業を開始した。
まず、切り株の周りを掘ってみたー、それなりに掘ったら、末広がりで、頑丈な根があり、とても全体を取り除く事は出来ない事が判った。

また、この「木」は何の木か知らないけど、目が詰まって、非常に堅い。
とりあえず、ノコギリを買ってきて、切ってみようとしたが、硬くて、手動では到底無理で断念したー、次に電動ドライバーに木工ドリルを付けて穴を開けてみたが、硬くて、崩せる程穴あけするには無理がある、次に丸ノコで切れそうな部分を切ってみたが、丸ノコでは、中心部まで刃が届かないので、これも駄目、本来ならチェーンソーが必要なとこだが、切り株を一つ処理するだけなのにチェーンソーを買うのも気がひける・・

最後は、地道にノミとトンカチで少しづつ切り崩してみた。
どうやらこれが「正解」のようで、時間と手間がかかるが、そこそこの労力で何とかなる事が判った。

切り株の周りを少し掘った状態

ノコギリで根を少し分解する過程で、「石」を噛んだ根をノコで引いてしまい、一瞬で刃が鈍ってしまったようだー(切れ味が一瞬で悪くなった・・・)

とりあえず、地道ではあるが少しづつ崩して(30センチ弱は崩した)、ここまでになったが、あと7センチくらいは崩さないと・・・
トンカチを振り下ろすのは、それなりに大変なので、1日数時間くらい作業をしている。(3日くらい)
とりあえず、ここまでー

RX65N Envision Kit、DRW2D エンジンの仕様?不具合?

先日、RX65N に内臓の描画エンジンを使ってみたが、描画の管理を色々テスト、評価する段階で暗礁に乗り上げた。
RX65Nの場合、内臓メモリは限られているので、ダブルバッファとフリッピングによる手法を行うには無理がある。
そこで、とりあえず、シングルバッファによる方法で、描画と表示を最適化して、何とかならないかと試行錯誤してみたが、「問題」に当たった。

予定では、画面表示と描画を細かく管理する事で、高速な描画エンジンとの連携で何とかなると思っていたが、思っていたように動作せず、悩んでいる。

まず、問題をシンプルにする為、簡単な描画シーケンスを実行してみた。

    d2_startframe(d2_);
    d2_clear(d2_, 0x000000);
    d2_setcolor(d2_, 0, col);
    d2_rendercircle(d2_, 480/2*16, 272/2*16, rad*16, 0);
    d2_endframe(d2_);

上記のプログラムでは、画面全体を消去して、中心に円を描画する、描画の半径は、フレーム毎に変えるようにしている。
※実際に描画にかかる実時間は、半径が最大でも1ms程度と思われる。

普通に考えると、「描画中」は、描画アクセスが優先されるので正しい表示にならないのは判る。
しかし、実際にこのプログラムを走らせると、描画が終わってからも、正しい表示がされない。
※正しい表示がされるのは、次のフレームからになり、毎フレームこの処理を繰り返すと、ほとんど何も表示出来ない常態になってしまう。
ここからは想像なのだが、DRW2Dエンジンにディスプレイリストを渡して描画すると、DRW2Dエンジンがメモリバスを奪い取って放さず、GLCDCの読み出しが無効になってしまい、表示の読み出しが失敗しているように見える。
DRW2Dのキャッシュをフラッシュするとか、描画領域を変更するとか色々考え付く方法を試したが、一旦描画を始めてしまうと、描画の終了に関わらず、メモリバスを占有して離さないようだ、この状態は、垂直同期信号のトリガーでリセットされる。
これは、参った、この状況では、いくらパフォーマンスが高くても、リアルタイム性を要求するような描画を行えない。

何か不足している設定があるのでは?

もしかして、「バス」の優先度を設定するレジスターがあるのでは?
ハードウェアーマニュアルを良く見て、「あーーー」と唸ってしまった、「拡張バスマスタ優先度制御レジスタ (EBMAPCR)」というのがあった・・・
ヨクヨク、サンプルソースコードを見ると、GLCDC、DRW2Dの初期化時にこのレジスターにプライオリティーを設定してる・・

    {  // メインバス2優先順位設定(GLCDC、DRW2D)
        device::BUS::EBMAPCR.PR1SEL = 0;
        device::BUS::EBMAPCR.PR2SEL = 3;
        device::BUS::EBMAPCR.PR3SEL = 1;
        device::BUS::EBMAPCR.PR4SEL = 2;
        device::BUS::EBMAPCR.PR5SEL = 4;
    }

それに習って、上記のように優先順位を設定してみたら、思った通りの表示が行えた~

この問題解決に随分時間をかけてしまったようだ・・・

上の黒い「帯」でDRW2Dエンジンが描画を行っている・・

12トン油圧プレスの設置

去年の年末、ヤフオクで12トンの油圧プレスを購入、それに関する出来事を記しておく。

実際に来たものは上記の写真と異なるが「中華」にはありがちだし、気がつくのが遅く、交換してもらう手続きとか面倒なので、あきらめている・・・
・シリンダの固定方法が異なる。(写真の方が組み立てが簡単)
・高さ調整の穴が、異なる、写真の物はより実用的な穴位置のようだ・・(自分で穴をあければ何とかなる)
とにかく価格が安いし、使えれば文句は無いので、あまり細かい事は言わない事にする、価格には通常送料も含まれているが、離島などでは追加料金が発生する。
本当は「20トン」仕様が欲しかったが、重すぎるので見送った。

12月の中頃に、荷物が届いたー、だが、細長い柱が二本のみだった、「これだけですか」と佐川の配達に聞くと、「これだけです」と言い切った(嫌な予感)。
その時は、後に他が届くのだろうくらいに考えていたが、1週間たっても配達されなかった、既に正月休みで、連絡も取れない。

年が明けてから連絡を取ると、二小口の一つが破損して、それだけ戻った事が判った。
そこで、届かない分をもう一度届けるように手配したと連絡があり、3日後くらいに届いた。
「早速組み立てるゾ!」と開封したら、明らかに部品が足りない・・・
一応入っていたパーツリスト(間違いが多く、不鮮明)を見ながら足りない部品リストを作り、問い合わせた。
間違いが無いように数回やりとりして、足りない部品を再度配送したと連絡があり、やはり三日後くらいに到着。
少し不安になりながら確認して、何とか部品は揃ったようだった。(結局1.5ヶ月くらいかかった・・)

早速組み立て、簡単なテストをしてみて、何とか使えるようだー、ただ「12トン」となっているが、実際には6~8トンくらいが実用範囲のように思う。
※5トンくらい加重をかけるとハンドルがかなり重い。
流石「中華」製だ!、まぁでも自分の利用範囲ではこれでも十分と思う。
※油圧シリンダ?を支える構造が弱すぎのように思う、板圧は倍くらいほしい。(今後剛性が足りないようなら補強しようと思う)
※12トンで、もっと安い製品もあるが、そちらは、自動車の油圧ジャッキを逆さまにしたような構造で、加圧メーターも無く使い勝手がイマイチと思って避けた。(半額以下で買えるのだが・・)

安全の為、角を丸めておいた