月別アーカイブ: 2017年1月

scanfに対応するC++のクラスを作ってみる~

可変引数は「危険」なので、C++では「printf」を使わない文化がある。 それは、以前に説明した、しかしながら、printf のコンビニエンス性は捨てがたい、 そこで、boost::format に習って、組み込み向け … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

RXマイコン用、FatFsとシステムコール

データロガーの実装を進めるに中って、boost を使うようになった。 そうすると、どうしても「システムコール」を実装しなくてはならない状況にな った。 これは、boost の動作で、ファイルを操作したり、標準出力を使って … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

RX24Tを使ったデータロガー(その1)

以前にATMegaを使ってデータロガーを作成したが、需要が無かったのと、 大きくて、使いかってが悪いなどで使わなくなっていた。 最近、需要が、少しではあるがありそうなので、最新のRX24Tで作り直す 事にした。 ソースは … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

RX24Tで内臓データフラッシュの読み書き

RX24Tの内臓データフラッシュの読み書きが出来たので、関係クラスと サンプルを追加した。 RX24Tでは、内臓データフラッシュは8Kバイトあり、1Kバイト毎の ブロックに分かれている。 ※消去は、1Kバイト単位で行う。 … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

RX64M内臓RTCを使う

正月休みは風邪引いて本物の寝正月で、趣味の工作など、全く出来なかった。 去年の11月終わりに請けた仕事も、ようやく何とかなりそうで、やっとRXマイコン を再開した。 RX64M、176ピンは、内臓RTCを持っており、バッ … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

再び18650電池ボックス

以前に製作した、18650の電池ボックスはイマイチだった。 アマゾンを観てたら、凄く安い18650の充電器(248円)があるのを発見した。 多分、充電回路は駄目で使い物にならないけど、単純に電池ボックスとして使う分には … 続きを読む

カテゴリー: 電子工作な日々 | コメントする

ロジックアナライザー購入

仕事で、どうしてもロジックアナライザが必要になり、色々調べて購入した。 ヤフオクで買ったテクトロニクスのデジタルストレージはあるにはあるのだが、どうも 最近調子が悪く、チャネルも少ない。 購入したのは、「LA2016」で … 続きを読む

カテゴリー: 電子工作な日々 | コメントする

整数計算でサインテーブルを生成する

これは、アセンブラ時代に、サインテーブルを生成する方法を色々試して、ある程度 成果のあった方法です。 ※浮動小数点の sin で求めた値と微妙に違うところもありますが、実用性は十分あり ます。 現在の C++11 以降で … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

整数演算で平方根

最近、整数演算だけで色々する話があったので、過去に作成したものを見直してみた。 ・平方根 これは、ファミコン時代から使っていた方法をC++(C)で表現したもので。 ※アルゴリズムは、コンピューターが出現する以前から知られ … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング | コメントする