R8C(M120AN)を使った、MAX6675のテスト

最近は、RXマイコンが多くて、R8Cはご無沙汰だった。

R8Cは、ちょっとしたデバイスの試験なら、気軽にできる。

以前に、オーブントースターを温度制御したくて、買っておいた、
k熱電対センサーと、モジュールを使って、温度を表示してみた。
MAX6675/Kタイプ 熱電対

MAX6675は、アンプとA/Dコンバーターが一体になった
ICで、出力はSPI、電源も3V~5Vまで使え、0.25℃
の分解能、0℃~1024℃まで計測でき、便利なICだ。

プログラムは、ICからデータを読み出して、表示するだけの物
だが、チップ・テンプレート・クラスに新たに、「MAX6675.hpp」
を追加した。

MAX6675 は、初期化の必要も無く、単にデータを読み出すだけの
ものだ。

サンプルでは、以下のように定義した。
※MAX6675 の SPI は、出力(MOSI)は使わないので「NULL_PORT」と
している。

// P1_0(20):
typedef device::PORT<device::PORT1, device::bitpos::B0> SPI_SCK;
// P1_1(19):
typedef device::PORT<device::PORT1, device::bitpos::B1> MAX_CS;
// P1_2(18):
typedef device::PORT<device::PORT1, device::bitpos::B2> SPI_SDI;

typedef device::spi_io<SPI_SCK, device::NULL_PORT, SPI_SDI> SPI;
SPI     spi_;

typedef chip::MAX6675<SPI, MAX_CS> MAX6675;
MAX6675	max6675_(spi_);

初期化は、以下のようにすれば良い。

    // SPI 開始
    spi_.start();

    // MAX6675 開始
    max6675_.start();

温度表示:

    auto v = max6675_.get_temp();
    utils::format("%6.3f\n") % v;

※当然ながら、RXマイコンでも同じように使える。

GitHub にサンプルプロジェクトを追加した。
MAX6675サンプル

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です