RX65N Envision Kit 、DRW2Dエンジンを使う

RX65Nには、描画をブーストするDRW2D描画エンジンがある。
ただ、ハードウェアーレジスタの詳細は公開されておらず、C言語による操作ライブラリが公開されている。
今までは、フレームバッファに対する描画は、ソフトウェアーによる描画のみを使っていたが、当然ハードウェアーの方がパフォーマンスは高く、描画中は、他の処理を実行出来る為、効率も良さそうだ。
また、DRW2Dの描画機能は、アンチエリアス付の描画が行え、「線幅」の概念があるので、かなり柔軟で品質の高い描画が簡単に行える。

そこで、DRW2Dライブラリの機能をC++から呼び出すラッパーを実装してみた。
※DRW2Dライブラリのバージョンは1.02をベースにしている。

DRW2Dの基本的な動作は、メモリー上に描画コマンド・リストを定義しておき、その先頭ポインタを描画エンジンに渡す事で描画を行う仕組みとなっている。

描画状況により、割り込みが起動でき、DRW2Dライブラリでは、標準的に割り込みサービスを呼び出すように設計されている。

「drw2d_mgr」クラスでは、初期化で、割り込みベクターを登録している。
「void drw_int_isr(void);」はDRW2Dライブラリの割り込みサービスの入り口で、それを登録しておけば良い、ただ、この割り込みは、グループベクタAL1になっていて、「icu_mgr」クラス内の AL1 dispatch クラスが、内部で振り分けを行うようになっている。
※割り込み関数アトリビュートを付けないようにしなければならない。

extern "C" {
    extern void drw_int_isr(void);
};
 //+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++//
    /*!
        @brief  DRW2D 制御/マネージャー
        @param[in]  DRW     DRW2D クラス
        @param[in]  XSIZE   X 方向ピクセルサイズ
        @param[in]  YSIZE   Y 方向ピクセルサイズ
        @param[in]  PXT     ピクセル・タイプ
    */
    //+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++//
template <class DRW, int16_t XSIZE, int16_t YSIZE, glcdc_def::PIX_TYPE PXT>
class drw2d_mgr {

...

    icu_mgr::install_group_task(DRW::get_irq_vec(), drw_int_isr);

...

};

DRW2Dの初期化は、以下のように行うようで、「drw2d_mgr」クラスの初期化「start();」から呼んでいる。
この呼び出し後、DRW2Dエンジンを利用出来るようだ。

    d2_ = d2_opendevice(0);
    d2_inithw(d2_, 0);
    rb_ = d2_newrenderbuffer(d2_, dlis, stsz);

「d2_newrenderbuffer」のプロトタイプは以下のようになっている。
dlis: initialsize – number of displaylist entries in the first page (minimum is 3)
stsz: stepsize – number of displaylist entries in following pages (minimum is 3)

内部で「malloc」を使ってメモリを割り当てているので、固定長で使えるように改修する必要があるかもしれない・・

DRW2DライブラリのAPIは非常に豊富に用意されているが、とりあえず、良く使いそうな物だけラップした。
また、座標系のクラスなどを積極的に利用するようにした。
DRW2Dライブラリの構成はOpenGLのコマンドストリームの考え方に近いので(高速、柔軟性、機能性を追及すると、大体、このような構成になる)マネージャーを実装するのは比較的やりやすい。

アンチエリアスされた「線」と「サークル」の描画

とりあえず、基本が出来たので後は、スプライトなどテクスチャーの描画などだ、フォントが一通り描画できるようになったら、ソフトウェアーのエンジンと入れ替えたい・・・

drw2d_mgr.hpp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください