16×16ドット・マトリックスLED

以前に、秋葉原の「鈴商」で赤色 LED の16×16のドットマトリックスが安く売られていた。
※確か400円くらいだったと思う、今でもまだ在庫があれば売られていると思う、緑もあったと思う。
LT-5013T

この手の物はジャンクに近いものだが、一応新品で、簡単なピンアサインをメモした紙が付いている。
16×16くらいの物だと、普通に買うとかなり高価で、このくらいの解像度があれば、かなり面白い表現も出来る。
丁度、キッチンタイマーを作ってみたくて、1個買っておいたーーー
それから数ヶ月、ようやく時間が取れたので、ドライブしてみた。

最初の問題は、このモジュールから出ているピンの間隔だ、「2mmピッチ」うーーん、ユニバーサル基板には不満な間隔・・
他の8×8とかは2.54mmピッチなのに、しかも32本を格納出来ない事も無いのにーー(それが安い理由かもしれないww)
まぁ、このモジュールの設計者(タコ)は、自作する立場を考える必要も無いので、適当に選んだ結果なのだろうけど・・・
しかた無いので、まずピッチ変換基板を作って、作業性を良くする事から始めた。

DotMatrixBottom

かなり強引だけど、とりあえずインチピッチのコネクタで接続出来るようにした。

次にドライバーの仕様を考えた、16×16のダイナミックスキャンだけど、全てのLEDを点灯した場合、1個に2mAでも512mAも必要。
ダイナミック点灯なので duty は1/16となる、たまたま秋月で、8ビットのシフトレジスターとラッチが合体したIC「NJU3711D」を売っていたので2個購入。
残念なのは、このICは5V動作で、電流も最大25mA、3.3Vで駆動出来ない、でもまぁいいか・・・
※買った後で見つけたのだけど、TIにまさにLEDドライブの為のICがあったTLC5940これを知っていたら、これにしたのに・・・

さて、気を取り直して、仕様の続き、25mAだと、1/16で、1.5625mA、少し暗いかなぁーと思って、テストしてみたが、そんなに暗く無い事が判り、全体で25×16=400mAの消費となった、これならUSBの電源でも駆動できる。(ソフトを作る時を考えるとUSBの電源でまかなえるのは正しい!)

キッチンタイマーにしたいので、なるべく小さく作りたい。
デコーダーに74HC138を2個使い、4to16のデコーダーとした、マイコンは、おなじみのAVRとした、在庫が沢山あったATmega88にする。(168や328に交換できるので便利)
74HC138で25mAを吸わすのは厳しいと思い、PチャネルデュアルMOSFETFDS4935Aをドライブしている。

DotMatrixTop

基板の裏はこんな感じ

DotMatrixBottom2

かなり苦しいけど、とりあえず1品物なので、まぁいいかーーーって感じ。

とりあえず、0.5秒間隔ランダムで表示してみた。

これから本格的にソフト開発なのだが、スイッチ類と音をどうするかを考えないといけない・・・

—–
文字の表示を行ってみた、リソースは以前に作った液晶用の6×12ピクセルのフォントなど。
文字のスクロール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください