LEDライト購入と、中華クオリティー再び~

LEDライトは、色々持ってるけど、凄く明るいのは持って無かった・・
それと、18650リチウムイオン電池で使うタイプが欲しかったのだけど、アマゾンで、以下の物を見つけて、購入してみたー

WOLFTEETH 4005N ズーム機能付き ズーム 超明るい LED 1200Lm LED 懐中電灯 ハンディライト ハンドライト  フラッシュライト 【2×18650電池 USB充電器】 ブラック

以下のようなセット内容・・・
Light18650

2200mAだけど、リチウムイオン電池が2本付いて、充電器も付いてるので、1988円は、お得かなと思って買った~

ライトは、凄く明るく、ズーム機能があったりで、値段の割に(ライトだけだと1178円)納得の物だったが・・・

がしかし・・・

流石な中華クオリティー、充電器は偽者だった・・・

そもそも、この充電器、充電ランプも無いし、かなり怪しい物だったが・・・

「USB充電器」とあるので、素直に、付属のケーブルを繋いでみたが、電池が熱くなり、USBアダプターの保護回路が働いたようだった。
中がどうなってるのか気になって、分解してみると、(予想はしてたけど・・)単なる電池ボックスで、丸ミニプラグに「直」で繋がってるだけだった(怒)
多分、専用の充電アダプターを繋げる物なのだけど、肝心の充電アダプターは入っていないので、普通の人は、そのままUSBに繋げると思う。

まぁ、中華とはそんな物だなとも思い、先日購入した、リチウムイオン充電モジュール(190円)を繋いで、充電できるようにしてみた。

HiLetgo 5V 1A 18650 リチウムバッテリー チャージボード Micro USB チャージモジュール プロテクト [並行輸入品]
参考回路

まぁ、これも中華なんだけどね・・・

IMG_0791s

・充電電流は1Aに設定されており、PCのUSBからの給電では駄目で、1A以上の電流が流せる、アダプターからの給電が必要。
・いくつかのリチウム電池を充電してみたが、問題なく充電出来る、1Aだと、充電ICはかなり熱くなるが、まぁ問題ないレベルと思うが、ケースに入れる場合には、基板の放熱を考慮した方が良いだろう~
・このモジュールには、他に、電池を外部と分離するFETスイッチが付いているようで、設定された電圧よりリチウムイオン電池の電圧が下がると、OFFになる機構が付いているので、過放電の保護にも。
TP4056 (A Standalone Linear Li-lon Battery Charger with Thermal)
DW01A (One Cell Lithium-ion/Polymer Battery Protection)

「電池ボックスの憂鬱」
充電する場合、意外と盲点になりやすいのが、「電池ボックスの仕様」だ!
上記の充電モジュールは、1Aの電流を流す事が出来るものだけど、良く売られている電池ボックスでは、接触力が弱く、接触抵抗が不安定なので、
1Aの電流を、安定して流す事は出来ない。(接触抵抗が安定せず、充電電圧が変動してしまい、正しい充電が行えない場合がある)
今回、付属の「電池ボックス」は、バネのテンションがそこそこ強く、1Aでも、ギリギリ使えそうではある。

カテゴリー: 気になった事を・・・ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です