RX64M、GR-KAEDEのSPI、SDカードインターフェースの罠

GR-KAEDEにはRSPIを使った、SDカードインターフェースがある。

ところが、非常に不安定で、動作しない事が多かった。
実装はRX24Tでも実績のあるコードで、RX24Tでは何の問題も無く動作
しているものだった・・・

MMC/SDCの使い方
SDカードをSPIモードにするには、「DAT0」端子をプルアップしておく
必要があるのだが、回路図を観ると、GR-KAEDEには、プルアップが無い
ようだ、そこで、10Kでプルアップした。
しかし、全く効果は無かった。

電源ノイズによるものなのかとも思い、10uFをマイクロSDソケットの端子
に接続したが効果は無かった。

ソフト的に色々考えられる事を試したが、成果は無かった・・・

症状としては、初期化の段階で、SDカードをSPIモードに切り替える段階で
エラーになり、SPIモードにならないものだった。

SDカードの相性問題があるのかもしれず、試したが違うようだ(マイクロSD
を二種類しか持っていない)
※そもそも電気回路に「相性」のような不確定性があるハズも無い。
※ごく稀に動作する事もあるが、何かの拍子にすぐに不良になる。

約2日悩んだが、どうやら原因が判った。

RX64Mのデータシートを観ていて、気が付いた、何と、GR-KAEDEで
は、DAT0はPC7に接続している、しかも、この端子はリセット時にブート
モードを切り替えるMD端子でもある。
よくよく回路図を見ると、モード切替のDIP-SW付近で、4.7Kオームで
プルダウンされている。

あーーー、これだ・・・・・


そこで、1Kオーム位ででプルアップしたいが、それだと、ブート出来ない。
そこで、1KオームでPC3と接続しておき、SDカードの初期化時にPC3を
出力にして「H」を出力する事で、プルアップした状態を作る事にした。

この改修を行い、PC3の制御を足したら、当たり前だが、SDカードがSPI
接続出来るようになった。

—–
また、DAT0のプルアップは、必要無いカードもあり、状況を複雑にしている。

GR-KAEDEでSDカードを使っている人はどのように回避しているのだろ
うか?

追記:
ネットを調べたら、普通に情報があった(良く調べるべきだった・・・)
GR-KAEDEでSDカードにアクセスする場合について

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です