SH-2A モーター・サイクル・コンピューター」カテゴリーアーカイブ

CQ 出版 SH-2A 基板を利用した、モーターサイクル用コンピューターのプロトタイプの製作記、ハードとソフトについての記事や関連情報など

データロガーのケース

ATMEGA版データロガーだが、KiCADの評価はひとまず終えて(現在のバージョンで何とかなりそうだ)、ケースを完成させた、それに伴い回路も少し改造した。 いつも一品物を作る際に苦労するのがケース、市販されている大き目の … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター, 電子工作な日々 | コメントする

データロガー(ATMEGA1284P版)

先日、「秋月」でAVRの新製品がラインナップに追加された。(AVRの中では600円と高い部類だけど安い) ATMEGA1284P がそれなのだが、一番のトピックは内蔵RAMが16KBもある点で、AVRで少し痛いとこが大分 … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター, 電子工作な日々 | 2件のコメント

SUP500F GPS

アルファチャネル付きフォントの描画など、小物ソフトを色々作っていたが、GPS を接続してテストしてみる事にした。 以前にストロベリーリナックスで購入した物だけど、SUP500Fです。 この GPS は65チャンネルで更新 … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

A/D コンバーター

とりあえず、AVR に A/D コンバーター、MCP3208 を繋いでみた。 AVR で A/D との通信ソフトを書き、簡単なプロトコルで、SH 側にデータを転送。 一応、1秒辺り、100回分の変換データを SH 側に転 … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

RTC 問題

SH-2A 内臓の RTC は、バックアップが出来ない為、事実上使えません、そこから始まったのですがー、外部に AVR を置き、RTC の代わりをさせてみました。 データのやり取りは、シリアルコミュニケーションで行う為、 … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

png jpeg 読み込み

STL 問題で、vector が使えない為、保留となっていたが、結局、C 言語インターフェースで読み込みを書いた。 pngin.h、pngin.c、jpegin.h、jpegin.cがそれだ。 ※非常に簡単なややつで、エ … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

組み込み機器で、C++

KPIT のC++で、STL vector が使えない問題で、多少の進展があったが、まだ解決していない。 まず、基本として、C++ の場合、グローバルコンストラクターを起動時に実行しておく必要があって、その実行アドレスの … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

STL vector の事、BMP PNG JPEG

色々動くようになって、では、そろそろ自分フレームワークをコンパイルしようかと思い、進めてみたものの、基本的部分が動かない・・ 調べると、STL vector が死ぬ! こんな簡単なプログラムを作ると、死んでしまう・・・ … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

ソフトウェアー・アップデートなど

syscalls API の実装も進み、何とか普通に使えるようになってきた。 シリアルコミュニケーションインターフェースの API は、雑誌の記事にあったソースコードをコピーしたものだったので、全面書き換え、元々ポーリン … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする

困った時の AVR

コンパクトなシステムを作るには AVR は最適です。 C 言語(gcc)でプログラム出来、高速で安くて、使いやすい。 たとえば、LED の点滅を考えても、タイマーIC 555でやるより、ATTINY2313 とかの方が安 … 続きを読む

カテゴリー: SH-2A モーター・サイクル・コンピューター | コメントする