AD9833(周波数シンセサイザ)のテスト

マイコンでA/Dコンバーターを使った、ストレージオシロぽぃ物を作る過程で、
機能検査を行う必要があり、手頃な信号発生器を探していた。

最近は良いデバイスがあるもので、ワンチップで、最大12.5MHzまで出力
可能なDDSモジュールが安く売られていたので、早速注文した。

※基準発信器付きで小さいモジュールとなっている。
※中華、船便なので、それなりの時間がかかるが格安。

早速、AD9833のライブラリをネットから取得して、自前のシステムに合うよ
うに、テンプレートクラスとして整形し直した。

このデバイスは、SPI通信で内部設定を行うので、マイコンで制御する必要があ
る。
そこで、とりあえずR8C/M120ANを使ってテストしてみた。
※このIC、3.3Vでも5VでもOKのようだが、とりあえず3.3Vで動作確
認。(モジュールに付いてるOSCはArduino系が主なので5Vと思えるが、
ちょっと調べた限りでは、どの電圧で動作するのか記述が見つからない・・)

サンプルは1KHzのサイン波を出力している。(起動するとデフォで1KHzの
をサイン波を出力する)

実用的に使うには、出力にアンプを追加したり、レンジ切り替え、周波数切り替え、
高性能なエイリアシング除去フィルターなど工夫が必要だと思うが、とりあえず、
機能を実験するだけのシンプルな構造になっている。

ソースコードは AD9833 Sample に上げてある。
※AD9833.hpp テンプレートは chip ディレクトリーにある。
※このデバイステンプレートは、他のマイコンでも修正無しで使えるはずだ。

—–
シリアルポートと57600(8ビット、1ストップ)で接続する事で、対話形式
で、周波数、波形の変更ができるようにした。

freq 2000     ---> 2000Hz
form tri      ---> 三角波
help          ---> ヘルプ
カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください