LCD 接続

SD カードからのブートが出来るようになると、早速 LCD を繋いでみたい!
組み込み機器用の小型の液晶を、個人で買うのは、実は、意外とハードルが高い!
正規ルートだと、もう、値段が尋常ではない。

そんな時に見つけたのが、「ストロベリーリナックス」で売ってる PSP の液晶ユニット、
ストロベリー・リナックス – PSP 液晶
まぁ、8800円は多少高いけど・・・

でもでも、さらに見つけたのが、「aitendo」
※最近は売り切れている。
※自分はココで買いました確か5000円くらいだったと思う。

PSP の液晶は、480 X 272 ピクセルでフルカラー、発色も凄く良い。
また、aitendo ではキャリーボードも売っていた(300円だった)これは、液晶のバックライト用 DC-DC も載っていて、フレキケーブルコネクターを普通の40Pコネクターに変換できる、自作にはピッタシの基板。

次はソフトなのだが、ネットを探すと、既に、繋げている人がいるようで、LCD デバイスの初期化コードがアップされているとこを発見!
早速、ソースコードを利用させてもらい、多少苦労したものの画面を出す事ができた。
※「SE組込人」さんありがとう御座います~

PSP 液晶 キャリーボード裏面

LCD にサンプル画像を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください