電子工作な日々」カテゴリーアーカイブ

電子工作に関連するお話など・・

USBシリアル変換器を作る

お手製のUSBシリアル変換機は、ケースに入れた物が2個ある。・FTDIのFT231XS・Silicon LabsのCP2102以前は、単品でデバイスを買って取り付けやすい事から、FT231XSを推していたのだが、RX64 … 続きを読む

カテゴリー: 電子工作な日々 | コメントする

KIT-RX65N、デジタルストレージオシロスコープ(その1)

RX65Nには、2ユニットのA/D変換器があり、分解能12ビット、最大2MHz程度のスループットがある。 このデバイスを利用して、デジタルストレージオシロスコープを作っている。まだ、ソフトウェアーは開発中で機能追加を行っ … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | タグ: | コメントする

まだあった、こんな初歩的なバグ・・・

以下のコードは、「format.hpp」にある、二進表記関数だ。 しかし、致命的なバグがある・・ void out_bin_(int32_t v) { char* p = &buff_[sizeof(buff_) – 1 … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

KIT-RX65N、レイ・トレーサー

ESP32やArduino系で走る「レイ・トレーシング」プログラムがある。 これを、RX65Nで、どのくらいのパフォーマンスなのか知りたくて、ポートしてみた。 元プログラムはC++で書かれたもので、良くできている。※ソー … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | 5件のコメント

RX65N Envision Kit で実現するオーディオプレイヤー

I2Cの実装が、まともになったので、タッチパネルの操作を反映して、ファイラー にも対応した。 これで、画面タッチでファイルを選択して、音楽を再生するガジェットがまともにな った。 また、曲の再生では、一時停止や、次の曲な … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

RXマイコンSCIにおける簡易I2Cを実装する

SCIで簡易I2Cを実装している。 前回、ポーリングによる実装を行い、動作する事を確認した。 動作周波数が遅いCPUなら、それでも良いのだが、120MHzで動作するRXマイコン だと、話が変わってくる。 さすがに、100 … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

KIT-RX65N、AUDIOプレイヤー更新

ファイラーがそれなりに動くようになったので、オーディオプレイヤーを更新、 PCMファイルのサポートも追加した。 操作は、ファミコンパッドで行うのだが、もうそろそろ、タッチスクリーンを有効 にしないと駄目な感じだ・・・ タ … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

KIT-RX65N、ファイラーの実装

文字表示が出来たところで、基本中の基本、ファイル選択を実装してみた。 「ファイル選択」は、NESエミュレーター、オーディオプレイヤーなど、 使用頻度が高いものなので、汎用性を高く実装する必要がある。 C++ の使いどころ … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

KIT-RX65N、漢字表示

「ENVISION KIT-RX65N」の液晶は480×272サイズもある。 これだけ大きいと、フォントもある程度の大きさが必要だ。 以前は、128×64の白黒液晶用として、6×12、12×12のフォントを使って いたが … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | コメントする

KIT-RX65Nでnesemu(≒ファミコンエミュレーター)の動作に成功

最近はESP32のM5Stackが流行っているようですがー、日本人なら、 ルネサスの「ENVISION KIT-RX65N」 ですよ! Space Invaders は、元々、モノクロで、8080の2MHzくらいのシンプ … 続きを読む

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 | 2件のコメント