R8C(M120AN)を使ったUSB、電流、電圧チェッカー(その2)

液晶のDPIが高い為、いつも使っている12×6ピクセルのフォントでは
小さすぎて見にくい(最近、視力が極端に落ちてる事も影響・・・)

とりあえず、24ピクセルのフォントを用意するまでの繋ぎで、縦横二倍
にして表示する事で、解像度を生かせないが、それなりの大きさになった。

※余ったスペースで、電力変化をグラフ表示した。

ケースに液晶の穴を開けたが、液晶への配線が邪魔で、蓋が閉まらないが、
何とか工夫すれば、閉まる感じではある。

単独で、電力のグラフ表示も追加した。

マイコンのアナログ入力はまだ余っているので、USBの差動信号電圧を測
定する機能も追加した。

まだ、ソフトを見直す余地はあるが、とりあえず完成とする。

—–
今後の改修予定:
・電力のグラフ表示のインターバル設定
・電圧、電流変化時のフィルター

などなど

カテゴリー: ソフトウェアー・エンジニアリング, 電子工作な日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です